容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

与党党首、衆院選挙制度改革など意見交換

  1. 2012/05/12(土) 14:49:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 野田首相(民主党代表)は12日午後、首相公邸で国民新党代表の自見郵政改革相と与党党首会談を行った。 会談は、首相が同日夕から3日間の日程で中国を訪問するのに先立ち行われ、難航する衆院選挙制度改革の扱いや、消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の審議の進め方などについて意見交換したとみられる。一体改革特別委17日以降に審議 民主党の城島光力(こうりき)国会対策委員長は12日午前のテレビ東京の番組で、衆院社会保障・税一体改dvd売上チャート革特別委員会での同法案の審議入りについて、「16日からいけると思っているが、遅れても翌日から入れる」と述べ、17日以降に遅らせる考えを示した。 与野党は4月下旬の国対委員長会談で、今月16日の審議入りで合意した。その後、野田首相が、英国を公式訪問される天皇、皇后両陛下の見送りのため、16日午前の審議に出席できないことが分かり、自民党が反発、審議をずらすよう求めていた。(2012年5月12日14時38分読売新聞)

関連ニュース

橋下市長、条例案撤回は「ドタバタではない」
橋下市長、条例案撤回は「ドタバタではない」
最年少女性市長は出席…近畿弁護士市長会が発足

DTIブログって?