容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「あの高橋名人が古巣を激白!「ハドソンは…」」:イザ!

  1. 2012/05/25(金) 06:49:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「ロードランナー」「スターソルジャー」など、昭和の人気ゲームを世に送り出してきたゲーム会社「ハドソン」が3月1日、親会社に合併される。ハドソンブランドは存続するが、40年近い会社の歴史に幕が下りる区切りに、「ハドソンの顔」として同社に29年務めたゲーム名人、高橋名人(本名・利幸さん)(52)にファミコン全盛時代を振り返ってもらった。(産経デジタル城野崇)「『何でおもちゃなんかを』って、ソフト業界で笑われたもんだよ」多彩な技でハドソンのファミコンを有名にした高橋名人は、任天堂のファミコンが登場した昭和58年の翌年に同社が参入したときの様子をこう話す。「PC−6001」「MSX」など家庭用パソコン機種が乱立した時期。パソコンソフト全盛の業界で、ゲーム専用機として登場したファミコンは軟派にみられていたという。任天堂以外でソフト業界からファミコンに身を投じたのは初めてだった。しかし、ハドソン社内でファミコンを試してみると、会社中が驚いた。「ゲームセンターのゲームがそのまま動いて、しかも値段はパソコンの数分の一。『これはファミコンの時代が来るぞ』と、参入が決まった。ハドソンには0から1を生み出そう、誰もやっていないことをやろう、という空気と技術があった」

関連ニュース

「あの高橋名人が古巣を激白!「ハドソンは…」」:イザ!
「「逆転裁判」から「モンハン」まで…ヒット連発のカプコンがその秘訣を明かす」:イザ!
「Wiiでの動画配信終了 任天堂、広告不振で」:イザ!

アンダーヘアー脱毛

DTIブログって?